無料メルマガ
会員登録
ログイン

お知らせ詳細

SDGs・オーガニックマルシェ【お申込ページ】9~12月開催分

9月以降のご出展者・募集開始しました!(募集締切 各開催日2週間前です!)

 【開催日】 【ご出店の手引きはこちら】
      

9/13(火) 16時~20時
9/24(土) 11時~17時 アート&クラフト市 内 特別ブース
10/11(火)16時~20時
11/8(火) 16時~19時
11/26(土)11時~17時 アート&クラフト市 内 特設ブース
12/13(火)16時~19時
12/24(土)11時~17時 アート&クラフト市 内 特設ブース  【お申込みはこちら】

4月開催の様子

■4月 特別出店「ほしいも神社」 無病息災!五穀豊穣!家庭円満!縁結子宝!商売繁盛!
 ほしいも神社 – 堀出神社 (horide-hachiman.com)

 
 「ほしいも神社」は、“ホシイモノ(欲しいもの)は総て手に入る”というご利益のある神社。
干し芋の生産量が日本一という茨城県ひたちなか市にある神社で、食の神がまつられています。
干し芋をイメージした黄金色の鳥居が話題になっています。

 

 オーガニックマルシェでは、江戸時代頃の伝統技術や資源循環の仕組みを駆使した持続可能な
商品やサービスを紹介しています。その先進事例として、今回、茨城県ひたちなか市を中心とした
さつまいも加工業と地域活性化の取組みを紹介、その他、日本の自然循環を活用した無添加の
伝統食やオーガニック野菜などの店舗が並ぶ予定です。

 

 世界で紛争や貧困が絶えない今、エネルギーや食糧問題の解決のために、日本の農業技術は世界から
求められています。「ほしいも」とともに、明るい未来を祈り、SDGs課題の克服を目指します。

3月開催の様子 詳細はこちら


  【ご出店の手引きはこちら】

  【お申込みはこちら】

 お申込みQRコード

目的:先進文化都市、日本そして東京から、地球温暖化対策のための
   SDGs農業を推進。農業の持続可能性、地域の活性化。
   土・水・木、循環の環境活動の普及・啓蒙。農業の多面的価値のPR。

テーマ:1)江戸時代から続く、日本の循環型農業技術の保全と普及
    2)学校給食のオーガニック化 
    3)農福連携 
    4)都市ワーカーと農業者の交流、ご来場者との交流

ご出店の手引きはこちら